HOME > 診療科・部門 > 医師紹介(曽根 淳)

診療科・部門

医師紹介(曽根 淳)

曽根 淳 / そね じゅん

役職 第二脳神経内科医長
専門分野 脳神経内科
資格 日本神経学会専門医・指導医、日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医、日本認知症学会専門医・指導医、日本内科学会認定医
所属学会 日本神経学会、日本人類遺伝学会、日本神経病理学会、日本認知症学会、日本神経治療学会、日本内科学会、American Academy of Neurology、The American Society of Human Genetics
略歴
1997年 名古屋大学医学部 卒業
1997年 名古屋掖済会病院 臨床研修医
1999年 名古屋掖済会病院 神経内科 医員
2002年 名古屋大学大学院医学系研究科 神経内科学 入学
2006年 名古屋大学大学院医学系研究科 神経内科学 修了 医学博士
2008年 名古屋大学附属病院 神経内科 医員
2014年 名古屋大学大学院 医学系研究科 難治性神経疾患治療学 特任助教
2016年 名古屋大学大学院 医学系研究科 特任助教
2018年 国立病院機構 鈴鹿病院 第二神経内科医長
主な業績
  1. Sone J, Mitsuhashi S, Fujita A et al.: Long-read sequencing identifies GGC repeat expansions in NOTCH2NLC associated with neuronal intranuclear inclusion disease. Nature Genetics. 2019.DOI:10.1038/s41588-019-0459-y.
  2. Tohnai G, Nakamura R, Sone J et al.; Frequency and characteristics of the TBK1 gene variants in Japanese patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis. Neurobiol Aging. 2018 Apr;64:158.e15-158.e19.
  3. Sone J, Nakamura T, Koike Het al.: Reply: Neuronal intranuclear (hyaline) inclusion disease and Fragile X-Associated Tremor/Ataxia Syndrome: a morphological and molecular dilemma. Brain;140(8): e52, 2017.
  4. Sone J, Mori K, Inagak T et al.: Clinicopathological features of adult-onset neuronal intranuclear inclusion disease. Brain;139(12):3170-3186, 2016.
  5. Yokoi S, Yasui K, Hasegawa Y et al.: Pathological background of subcortical hyperintensities on diffusion-weighted images in a case of neuronal intranuclear inclusion disease. Clin Neuropathol. 2016; 35(6): 375-380, 2016.
  6. Nakamura R, Sone J, Atsuta N et al. Next-generation sequencing of 28 ALS-related genes in a Japanese ALS cohort. Neurobiol Aging. 2016 Mar;39:219.e1-8.
  7. Sone J, Kitagawa N, Sugawara E et al.: Neuronal intranuclear inclusion disease cases with leukoencephalopathy diagnosed via skin biopsy. J Neurol Neurosurg Psychiatry; 85(3): 354-6, 2014.
  8. Kitagawa N, Sone J, Sobue G,et al.: Neuronal intranuclear inclusion disease presenting with resting tremor. Case Rep Neurol, 6(2):176-180, 2014.
  9. Sone J, Tanaka F, Koike H et al.: Skin biopsy is useful for the antemortem diagnosis of neuronal intranuclear inclusion disease. Neurology 76(16): 1372-1376, 2011.
  10. Sone J, Hishikawa N, Koike H et al.: Neuronal intranuclear hyaline inclusion disease showing motor-sensory and autonomic neuropathy. Neurology 2005;65(10):1538-1543.

曽根 淳
神経核内封入体病(NIID)
Annual Review 神経2018 Page97-106(2018.1)

曽根 淳, 祖父江 元
【近年注目されている白質脳症】 Neuronal Intranuclear Inclusion Disease (NIID) エオジン好性核内封入体病(解説/特集)
BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 69巻1号 Page5-16(2017.01)

曽根 淳, 祖父江 元
【神経核内封入体病】 神経核内封入体病 総論(解説/特集)
神経内科 85巻6号 Page585-593(2016.12)

曽根 淳
白質脳症の鑑別診断と治療
神経治療学 33巻2号 Page131-133(2016.03)

曽根 淳, 田中 章景ら
【アクチュアル脳・神経疾患】すべてがわかるALS・運動ニューロン疾患
ALSの関連遺伝子解析―ゲノムワイド関連解析の発展と現状を中心に
Page188-193(2013.06)

田中 章景, 曽根 淳ら
【次世代シーケンサーによる神経変性疾患の解析と展望】
ALSのパーソナルゲノム解析
BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 65巻3号 Page257-265(2013.03)

曽根 淳、菱川 望、田中 章景ら
変性疾患 Neuronal Intranuclear hyalineinclusion disease
Annual Review 神経2007 Page175-182(2007.1)


 
ページトップへ戻る
Copyright © 2012 National Hospital Organization Suzuka National Hospital. All rights reserved.